祇園神社 トップページ

平成30年 初詣

平成30年1月1日(日)

初詣
初詣

正月はその年を司る歳神様をお迎えする行事です。
1年の感謝を捧げ、新年の無事と平和を祈願します。
境内にはたくさんの屋台が出店されます。
どうぞご家族で当社へお参りください。

◯新春祈祷
 家内安全、交通安全
 厄除け 等
   6,000円〜
◯会社安全、繁栄祈願
  10,000円〜

ふるまい酒

1日〜3日まで、甘酒または御神酒を無料提供致します。

戌年(いぬどし)について

平成三十年の干支は、戊戌(つちのえ いぬ)です
「戌」に割り当てられた動物は「犬」で、十二支では十一番目になります。
戌の字は、「一印」と「戈(ほこ)」という漢字から成り立ち、元は作物を刃物で刈り取りひとまとめに締めくくり、収穫することを表しています。
犬は、縄文時代の遺跡から犬の骨が発見されるほど人との付き合いが古く、鋭い嗅覚と聴覚を駆使して番犬や猟犬として私達の暮らしに貢献してきました。そして、親しみ深い動物として常に身近に存在し、忠義と愛情を併せ持つ、かけがえのない存在として、今も人々に愛されています。
また、犬は多産でありながらお産が軽いとされることから、安産については「戌の日」が吉日とされています。
それから神社で犬と云えば、守護獣の「狛犬(こまいぬ)」があります。想像上の生物とされており、左右一対でお社の守護、魔除けのために全国各地の神社に奉納され、豊かな表情で参拝者を見守っています。
戌年には勤勉で努力家という意味もあり、今年は地道に知識を蓄えつつ、安産多産の犬にあやかって、多くの新しい事柄が生まれ育つ希望に溢れた年でありますように。

石灯篭(大正三年奉献)に干支の『戌』が彫られています。

大絵馬奉納

大絵馬奉納
大絵馬奉納

平成30年戊戌(つちのえいぬ)歳を迎えるにあたり、本年も当社氏子で五宮町在住の画家 高濱浩子様より、大絵馬の奉納がございました。
愛くるしい表情の犬は、私達をいつも和ませてくれます。身も心も温かい気持ちで新年を迎えらせますように。
本殿前に設置しておりますので、お参りの際には是非ご覧ください。

お問い合わせ

神社へのお問い合わせ、ご質問、ご提言は下記のフォームよりお送りください。

お名前

メールアドレス

お問い合わせ内容